パーツ別フェイスマスクについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一口にフェイスマスクと言ってもその種類は様々でシート、クリーム状のモノなどいろいろあります。さらに用途により使い方、形状が違ってくるのできちんんと理解した上で使い分けるようにしましょう。

フェイスマスクと聞いて一番最初に思い浮かぶのがシート状の肌にのせるタイプのマスクです。コットン、パルプ、レーヨン、ポリエステルといった素材が使われていて肌に優しく刺激が少ない上に保湿成分がたっぷりとマスクに含まれているのが特徴と言えます。他にも定番と言えるのが塗るタイプのフェイスマスクでクリーム、ジェル状のモノは顔につけて時間が経過してから洗い流したり剥がします。シートマスクよりも少し手間がかかるのが特徴と言えます。

他にも目もと、ほうれい線、フェイスラインのたるみのケアに使用するのがパーツ別のフェイスマスクです。これはシート状、密着度が高いジェルタイプが主流となっています。あと韓国の高級サロン発で人気があるフェイスマスクがラバーモデリングマスクでラバー状テクスチャーが特徴で肌に塗ってから時間が経過するとゴム状になり肌にしっかりと密着します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*