マジックフェイシャルはナノファイバー繊維でできている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マジックフェイシャルに使われている素材はナノファイバー繊維です。

あまり聞きなれない言葉ですが、再生医療に使われている素材でもあるようで人間の皮膚や毛管などにも応用しようとしている画期的な素材のようです。

通常のフェイスマスクで使用されているような「コットンやパルプ」などとは異なり1本1本の繊維が細かく空気を通すため、長時間付けていても蒸れず、ふやけてしまうことがありません。

また繊維が細かいという事は肌表面の凹凸のある細かい角質の隅々まで保湿が行き渡る事になります。

つまりマジックフェイシャルは広がりながら成分を行き渡らすような構造になっているので仕上がりがきめ細やかな(肌がフラット)のように仕上がるようです。

単純に肌に馴染ませるために薄くしたわけではなく肌の構造に合わせて開発されたという事でしょう。

但し、耐久性はフェイスマスクよりは劣るように思えます。

マジックフェイシャルは保護材付き透明フィルムが付いているので手に触れずに肌に乗せることができますが、丁寧な使い方をおすすめします。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*